こんな意味が!?飼い犬の行動で分かる気持ち

犬のあくびは極度のストレス状態による場合も・・・

犬も人間と同じようにあくびをすることがありますが、犬の場合は眠たいや退屈といった場合でなくてもすることがあります。極度のストレス状態や、また犬から見て相手に自分は敵意は無いことを伝えようとしているサインでもあります。それを知らずに飼い主は犬があくびしているので遊んであげようとする事も多いですよね。犬には様々な理由からあくびをするので簡単に決めつけて飼い主が行動してしまうと犬からの信頼がなくなってしまうでしょう。

犬が目をそらすのは聞いてないフリ・・・?

犬は正面から目線を合わせられるだけでもストレスを感じる生き物なので、そういった時にも相手に敵意が無いことを知ってもらうために目をそらしたりします。しかし犬の場合はそれだけではなく、怒られた時や困った時など苦手な行動を命じられた時にも目をそらすこともあるのです。これは人間にも当てはまり聞いてないフリをするときの行動心理と同じと言えますよね。犬も同じで聞いてないフリをした時はちゃんと怒ってあげることも大事ではないでしょうか。

お尻をくっつけてくるのは信頼表現!?

自宅や寝る時におしりをくっつけてくることがあるかと思いますが、これは犬にとって飼い主を信頼してるからこそ取る行動だと思われがちなのですが寝ている時におしりをくっつけるのは実は犬にとっての弱点であるお腹などを守るためであり、攻撃された場合にすぐに逃げれるようにこの態勢で寝ることもあるようです。しかし飼い主は信頼されてる証拠だから大丈夫だと思っている場合もあるでしょうが意外と愛情が足りてない時に起こす行動かもしれないですよ。

人間と同様、犬も高齢化しており、飼い主が飼いきれなくなることもあります。老犬ホームは老いた犬を引き取って、最期まで看取ってくれる施設です。