機械式時計の手入れについて知っておくべきこと

外装の手入れはこまめに

機械式時計は、歴史に裏打ちされた信頼性と、デザインの良さから人気があります。それに、クォーツ式と違い、部品に電子部品が使われていないため、たとえ部品がなくなったとしても時計師が手作りし、修理することが可能です。このように長期的に使用できる機械式時計ですが、長く使うためには、普段の手入れをしっかりとすると良いです。例えば、日常的に使っていると、外装が汚れてきます。このような汚れは、長期間そのままにしていると、汚れが取れづらくなってくるので、柔らかい布などでその都度きれいにすることをおすすめします。

定期的にオーバーホール

また、機械式時計は、定期的にオーバーホールする必要があります。中身が機械で動いているため、定期的に分解し、油を指すなどのメンテナンスする必要があるからです。オーバーホールの目安は、5年に1度です。ちょうどそれぐらいで部品を分解・洗浄し、油を差すころあいとなるためです。この、オーバーホールをすることで、内部構造にかかる負荷を和らげることができ、長く使用することができるようになります。そのため、是非やっておくべきでしょう。

傷がついても研磨をするとピカピカ

また、長く使っていると、時計には細かな傷ができてきます。それを味があると感じる方はそれで良いのですが、傷が気になる方もいるでしょう。そんな方は、時計を研磨してもらうことをおすすめします。これは、メーカーのアフターサービスでしてもらうことができます。よほど深い傷でなければ、新品同様の輝きを取り戻すことができるでしょう。このように、機械式時計は、定期的なメンテナンスや、日常の手入れをすることで、長持ちさせることができるので、意識してみましょう。

ショパールは、世界的なダイヤモンドのブランドですが、商品の中でもネックレスは常に売上の上位に食い込んでいます。