覚えておきたい!壁面緑化における重要な要素

すぐにはできない?壁面の全面緑化までの期間

建物の壁は、太陽からの熱を吸収しやすい傾向にあります。その結果、建物周辺の外気温や内部の室温が高くなりがちです。このような問題を解決するため、壁面緑化の方法があります。建物の壁を緑で覆うことにより、温度の上昇が抑えられます。ただし、壁面緑化では、すぐには緑化の効果がありません。植物が育つ全面緑化までの間、しばらくの時間がかかります。植物のつるが壁面をかばーするまでの時間を事前に把握して、施工すると予定が立てやすいです。

種類を選択!壁面緑化に使う植物のタイプ

壁面緑化における主役は、壁を覆う植物です。植物に多くの種類がある中で、壁面緑化ではつるを広く伸ばす事ができるものについて、植物の種類を選ぶことになります。ただし、植物のつるも種類により伸び方には違いがあります。そのため、どのようなタイプの植物を壁面緑化に使うことで、緑化の仕上がりや成長度合いが異なります。壁面緑化に用いる植物の種類や特徴を捉えたうえで、壁面緑化に役立てるという事が効果的な判断の方法です。

忘れていけない!メンテナンス費用も確認

壁面緑化は、まず始めの施工の際に費用が必要です。またさらに、選定などの作業も定期的に行う必要があります。そのため、設置費用に加えて、その後の維持管理にかかる費用についても、同時に考えなければなりません。きちんと剪定などのメンテナンスを施すことにより、美しい外観を保っていられます。あらかじめどの程度の維持費がかかるかについて理解しておくと、後の予想外のメンテナンス費用で困るといった事は回避が可能です。

壁面緑化とは外壁をツタなどの植物で覆う事で、紫外線や暑さから建物を守り、また見た目的にも癒しを感じさせる環境対策の一例です。